So-net無料ブログ作成
検索選択

さくらです。 [東京]

setagaya18.jpg
世田谷の晴れ間、ハイキーなタッチで、E-P1+マクロ35mmにて。
setagaya19.jpg
空は青く無いですが、マクロの微妙なピントが、スナップには不都合でも有り、高都合でもあり。
setagaya20.jpg
後ピントでは、こんな具合の全体像でした。
今週末まで、花びらが保たれると良いのですが。週末は、蘆花公園に取材予定です。
setagaya21.jpg
4月1日、今日は、青空が背景に入りました。また、昨日より若干、花びらが開いているような気もします。

nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

さくら通りの状況 [東京+神奈川]

sakuradori5.jpg
世田谷では、桜がかなり開いていたので、期待して横浜に戻ってきたのですが、さくら通りは、まだ全然、
咲いていませんでした。E-P1プログラムモードで。35mmマクロレンズも役に立たず。
sakuradori7.jpg
SIGMAの55-200mm1:4-5.6に付け替えて、観覧車のアップを。
sakuradori6.jpg
手前の桜のつぼみと早めに開き始めた枝は、こんな状況でした。これはポップアートモードにて。
sakuradori8.jpg
帰り際の、観覧車を、動く歩道手前の手摺りに置いて、同じくSIGMAにて、ポップアートモード。
sakuradori9.jpg
若干、ズームで引いてみました。
今日の日曜日も、少々寒い空で、さくらは、もう少し待ちですね。

setagaya17.jpg
参考に、昨日の世田谷内陸部に有った桜を。懐かしのE-510+SIGMA55-200mmにて。
setagaya15.jpgsetagaya16.jpg
色が、ほとんど白に近いですね。少々ソフトな画になっています。
isogo4.jpg
今朝の駅前は、焦げ臭くて騒然としていました。通りがかったときには既に鎮火しているようでした。
nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

駅前の複合施設 [みなとみらい]

collete4.jpg
週末オープンしたコレット・マーレという、ちょっと言いにくい名前の商業施設を見てきました。
昼間は相当な混み具合で、通過するだけにしましたが、帰り道、おしゃれな文房具やと大きめの本やさんに
寄ってきました。
collete3.jpg
さくら通りの桜は、蕾が今にも開きそうなところ。
collete2.jpg
動く歩道側から見ると、大きな円弧を描いて、内壁の照明とレストランとアパレル系と、良い対比ですね。
collete5.jpg
さくら通りの方向を見ると、オフィスのアトリウムが、滅多に見ない角度で明るく見えます。
collete1.jpg
玄関周りの集合写真、地下鉄の階段にも有りましたが、いろんな表情がいいですね。
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カメラ展 [みなとみらい]

cpp1.jpg
パシフィコ横浜で、CP+というカメラの展覧会をやっていたので、ちょっと覗いてきました。
昔懐かしいPEN F。昔、現物を見た記憶が有るので、趣味の良い親を持った友人がいたのですね、きっと。
cpp2.jpg
ジッツィオのコーナーでは、何だかよく分からない雲台を展示してましたが、EOS5Dとの相性が良さそうです。
cpp3.jpg
次に欲しい一眼レフは、コレでしょうか。発色の良さが期待できそうです。何となく東南アジアの色が
似合いそうな雰囲気ですね。パンフレットのせいかもしれませんが。等倍画像を日がな一日眺めて居たいと
思わせます。
cpp5.jpg
大判のカメラ断面。基盤とレンズの断面が、メカメカしてて、そそられます。
cpp6.jpg
ブラックの質感が何とも言えなく魅力的。ゴージャスですか。
cpp4.jpg
外に出てもまだ明るく、日が延びましたね。新しく出来たオフィスビルの柱の間に丁度日が沈むところ
でした。このビル、キレイに仕上がりそうです。
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

講座第3回その2 [ワイン]

dyaya7.jpg
fumikoさんの講義ノートがアップされましたので、正しい情報は、下記参照です。(素晴らしい教材です。)
http://non-solo-vino.blog.so-net.ne.jp/2010-03-13
第1フライトは、シャブリ2本。オリビエ・ルフレーブ プルミエ・クリュ フルショーム2006と、
ジャン・コレさんの プルミエ・クリュ モンテ・ドゥ・トネル2006。
前者が少し、さっぱりした味わいで、後者は、かなりしっかりとした濃いめな印象でした。
和食に合うと思う方を、後ほど登場の食材に合わせるために残しておくようにとのご指示。
僕は何となくオリビエさんがお気に入りでした。

dyaya5.jpg

第2フライトは、意表をついて、タスマニアのリースリング ジョセフ・クローミー2006から始まり、
ヴィエ・ディ・ロマンス デッシミス ピノ・グリージョ 2007、
リュシアン・クロシェ サンセール・ブラン  ラ・クロ・デュ・ロア2007 ソービニョン・ブラン、
そして、お待ちかね、ルバイーヤート 甲州シュールリー勝沼ボトル2008。

dyaya4.jpg

その後、圧巻のガイヤホフ グリューナー・フェルトリーナー・ローゼンシュタイン2008、
最後は、シャトー・ル・ピュイ マリー・セシル2002セミヨン。 

dyaya15.jpg
ブラインドで、気に入ったのは、この二つで、特に甲州は、他とは違う独特な味わいがして、惹かれました。
ラ・クロ・デュ・ロア2007は、ほのかに花の香りを感じ、好みのソービニョン・ブランでした。

dyaya2.jpg
dyaya3.jpg
マリアージュの実験で、アボガド、モッツァレラわさびとダントツに相性が良かったのが、ガイヤホフさん。
fumikoさんが、志摩から直持参のアワビは、余りに旨くて、マリアージュも忘れて、
ぱくぱく食べてしまいましたが、当然、相性も抜群です。
ニコライホーフのサース夫人の妹さんイゼル・マイヤーさんが生産者とのこと、要チェックです。

dyaya12.jpg
ジャン・コレ プルミエ・クリュ モンテ・ドゥ・トネル2006。金色のラインとスケッチが格好いいですね。

dyaya11.jpg
オリビエ・ルフレーブ プルミエ・クリュ フルショーム2006。繊細なブルーの文字がキレイです。
やはり、ブルゴーニュの人はセンスが良いのでしょうか。

dyaya9.jpg
ヴィエ・ディ・ロマンス デッシミス ピノ・グリージョ 2007。イタリアにしては、地味なラベルで、控えめな
印象ですね。

dyaya8.jpg
チェコからタスマニアに移住したのですね。リースリングのオイリーな香り、覚えました。
チャンスがあれば、もう一度、色々な食材と試してみたいと思います。

nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

講座第3回 [ワイン]

dyaya14.jpg
気持ちよく晴れた朝、いつもの交差点も、明けるところでした。
昨夜は、fumikoさんの第3回の講座、この日のために、体調を万全にしたかったですが、少々咳が残り
グラスに、少しずつ、少しずつ。でも、期待に違わず、またも素晴らしい経験をさせてもらいました。

dyaya1.jpg
dyaya10.jpg
dyay17.jpg

順序が逆となりますが、第3フライトとして9番目に出てきたのは、驚異のSherry、
ペドロ・ヒメネス(PX) サン・エミリオ ルスタウ。 
スペインの習慣に準じて、アイスクリームまで準備して頂き沢山掛けて、これは、もう天国にいるような味わいです。
アルコール度数は高めですが、ぶどうそのもののような甘みが、実にまろやかな口当たりを与えてくれます。
これが白ブドウから出来ているというのも、驚きでした。(訂正しました。)



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域