So-net無料ブログ作成

休日の散歩 [プノンペン]

_DSC1853.JPG
_DSC1854.jpg
_DSC1867.jpg
_DSC1871.jpg
王宮からシルバー・パゴダへ抜けて。
長ーい壁に描かれた画が、素晴らしいです。
_DSC1931.jpg
_DSC1934.jpg
博物館から、シルク屋さんなどを見て、リバーサイドのカフェで、休憩。
日向を避ければ、35℃でもそれほど暑くは感じません。
_DSC1970.jpg
_DSC1976.jpg
_DSC1978.jpg
_DSC1982.jpg
路上を占拠するのは、結婚式や葬儀で慣れているようで、オートバイも隙間を探して通り抜けていきます。

_DSC1985.jpg
ルール無く、展開すると、こんな雰囲気になるようです。
交通もまったく同じですが、人間の判断が入って、譲り合うので、成り立っているようです。

_DSC2014.jpg
_DSC2017.jpg
_DSC2032.jpg
若干、外からの意思が働くと、整然となっていたりします。 
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

朝晩の景 [みなとみらい]

_DSC0921.jpg
_DSC0926.jpg
_DSC0936.jpg
今週は、毎朝こんな感じで、ひんやりとした空気と併せてすがすがしい。
_DSC0889.jpg
ランドマークのカフェも黄金色に。

_DSC0500.jpg
_DSC0503.jpg
_DSC0509.jpg
たまたま、ポートサイドのタワーに昇る機会があり、強風の中で北面の夜景を。
寒い代わりに空気が澄んでいて見通しが良いです。
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

光のゆらぎ [みなとみらい]

_DSC0549.jpg
鎌倉の美術館、最後の展覧会と言うことで、沢山の人が来てました。館長の話を聞きたい方々。
_DSC0601.jpg
階段の壁に光が反射して、ゆらゆらと。
_DSC0639.jpg
館長の話を聞いた後には、このカップルが特別に思えます。
_DSC0670.jpg
_DSC0681.jpg
_DSC0685.jpg
長蛇の列だったので、別館まで共通券を買いに出かけて戻ってきました。
池の周りも見たいので、出たり入ったり。
_DSC0698.jpg
_DSC0731.jpg
_DSC0746.jpg
_DSC0760.jpg
わざわざ、池側に回ってみたのは初めてでした。
_DSC0775.jpg
_DSC0793.jpg
_DSC0834.jpg
_DSC0798.jpg
最後に光に溢れた館内を見られたのはラッキーでした。
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

市内風景 [プノンペン]

_DSC9832.jpg
先週、プノンペンに1週間滞在してましたが、ほとんど、街中は車で通り過ぎるだけで、古い町並みを
撮る時間がありませんでした。
川沿いの朝は、比較的整然としてます。
_DSC9956.jpg
配線の塊が見事です。
IMG_3143.jpg
ヴァタナック・キャピタル・タワー、目立ちます。
_DSC0006.jpg
宿の近くの路地。
_DSC0010.jpg
右の人は、トラックの上に座ってます。
空を飛んでるかのようですが。
IMG_3147.jpg
大規模開発工事中が、あちらこちらに。
IMG_3153.jpg
ワット・プノン(丘の寺)の白い塔。ペン夫人の丘と言うのが、プノンペンの由来とのこと。
IMG_3152-(1).jpg
唯一、立ち寄れた本屋。
何故か、おとーさんが座ってました。
IMG_3156.jpg
キレイな場所も有りますが、周囲との差が激しいのが、街全体の構成になってます。
_DSC9387.jpg
少し郊外の、巨大な豆の木。

南航路 [富士]

_DSC9051.jpg
_DSC9101.jpg
_DSC9102.jpg
_DSC9105.jpg
_DSC9151.jpg
_DSC9152.jpg
_DSC9166.jpg
本日、南航路のタイ航空から、快晴の空の下、富士山が良く見えました。
窓ガラスの汚れか、CCDのゴミか、微妙ですが、PS Elementsでクッキリと補正すると
コントラスの良い紺色になりました。雪が少ないですね。

_DSC8609.jpg
_DSC8727.jpg
_DSC8792.jpg
ついでに、1/8金曜日の笠雲の名残をアップしておきます。

nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

アンバランスな榛名神社の岩 [高崎]

改めて、あけましておめでとうございます。

_DSC8134.jpg
日帰りで高崎まで行ってきました。
榛名神社は、何十年ぶりかで、全く覚えていないことが分かり、うれしい発見の連続でした。
人気が出るのも、納得です。
_DSC8180.jpg
_DSC8192.jpg
_DSC8205.jpg
_DSC8233.jpg
_DSC8240.jpg
_DSC8244.jpg
_DSC8248.jpg
_DSC8269.jpg
アンバランスな奇岩の危うさのためか、本殿に緊張感がみなぎっていて、これはユニークで面白いです。
本殿前まで行かないと全貌が分からない周回性の演出も秀逸です。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域