So-net無料ブログ作成

光の十字架 [東京]

_DSC8799.jpg
_DSC8809.jpg
_DSC8814.jpg
アンタダ展をちょっと覗いてきました。膨大な数の図面と模型があり、これは半日ほど
じっくり見る必要がありますが、撮影可能なのは、実物大の教会と直島の模型のみ。
_DSC8834.jpg
_DSC8840.jpg
子供たちが見学に来てました。小さい頃に良いものを見るのは良いことですね。
_DSC8866.jpg
_DSC8879.jpg
直島の映像は4分半ですが、懐かしい風景。
http://t-hako.blog.so-net.ne.jp/archive/c10378013-1
_DSC8936.jpg
カフェのテラスは、葉っぱがあって、気持ちの良い陰を作ってました。
(2年前の様子)
http://t-hako.blog.so-net.ne.jp/2015-12-13

_DSC8956.jpg
十字架の外観。現地では実現しなかったガラスの無い隙間。
_DSC8957.jpg
_DSC8961.jpg
今回は、鉄骨の下地に、PC版を取り付けたとのことで、
小口が見えているところもありますが、コンクリートは
逆にキレイで、よく出来てます。
関連記事をコメントに入れました。
nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

帰路 [プノンペン]

_DSC8307.jpg
シェムリアップからプノンペンへの帰路便。
_DSC8308.jpg
ようやく夕焼けを見ることが出来ましたが。
_DSC8311.jpg
_DSC8314.jpg
_DSC8318.jpg
前から6番目。
_DSC8360.jpg
_DSC8391.jpg
エンジンの角度がよく分からない。
_DSC8394.jpg
_DSC8389.jpg
ATR72、静かで揺れも無く快適でした。

_DSC8404.jpg
成田への夜行便、狭い787の遮光窓を暗くして。
_DSC8413.jpg
_DSC8427.jpg
_DSC8430.jpg
遠方にかろうじて山が見えました。

_DSC7839.jpg
_DSC7842.jpg
無事到着。総じて大変面白い久々の二人旅でした。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

3日目最後 [プノンペン]

_DSC7827.jpg
_DSC7837.jpg
朝からアンコールワットに行って朝日を待ちました。月も見えて期待しましたが。
_DSC7872.jpg
_DSC7919.jpg
_DSC7940.jpg
結局途中から雨となり、陽は顔を出さず。


気を取り直して、朝食後は、近場のプレアカンまでちょっと散歩にのつもりが、
平面的構成なのに結構ハマりました。
_DSC8152.jpg
_DSC8146.jpg
ここも大分浸食が進んでいます。
_DSC8159.jpg
_DSC8174.jpg
2層の回廊は珍しいようです。柱も円いのは他に無いかも。
_DSC8189.jpg
迫り出し型のアーチ構造も、トップの石が無く、かなり危うい状態です。
_DSC8169.jpg
意外や結構奥が深く、アプサラも見ることが出来て、地味なのに人気があるのも納得でした。
_DSC8220.jpg
_DSC8218.jpg
今回の発見は、ナーガの敵だったガルーダが仏教となって一緒になって頑張っていたこと。
いじめ役のガルーダだと思っていましたが、結構親しみの持てる奴ですね。
ジャヤバルマンVIIの存在が偉大だったことも良く分かりました。

帰りのランチに寄ったパークハイヤットのビルベンスリー設計のザリビングルームという
レストランは、居心地最高でした。
_DSC8253.jpg
クレアトラベラー49号の解説に依れば、フューシャピンクがアクセントとのこと。
_DSC8264.jpg
_DSC8267.jpg
_DSC8281.jpg

これからプノンペン経由で成田まで移動します。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2日目はスレイとロムとトムと湖とクロヤへ [プノンペン]

_DSC7113.jpg
2日目、まずは雨の中、郊外にあるバンテアイ・スレイまで。
_DSC7131.jpg
_DSC7140.jpg
細かい彫り物がキレイに残っていて、狭いのみ全く飽きません。
_DSC7143.jpg
_DSC7155.jpg
_DSC7166.jpg
_DSC7179.jpg
_DSC7183.jpg
定番の女子像を見て大満足。お見事です。
_DSC7210-2.jpg
茎の長い熱帯の睡蓮が鮮やかでした。
_DSC7215.jpg
雨中の散歩を楽しんだ後は、念願のタプロムへ。

_DSC7249.jpg
全くの別世界に圧倒されました。
_DSC7254.jpg
_DSC7268.jpg
_DSC7270.jpg
_DSC7283.jpg
ガジュマルによる侵略風景の連続。
_DSC7286.jpg
_DSC7291.jpg
_DSC7296.jpg
_DSC7300.jpg
_DSC7308.jpg
_DSC7319.jpg
宇宙船のような造形。
_DSC7341.jpg
_DSC7350.jpg
面白すぎます。
_DSC7356.jpg
_DSC7370.jpg
_DSC7380.jpg
これには驚き。
_DSC7384.jpg
これも意味分からず。
_DSC7411.jpg
取りあえず、ここまで。

_DSC7439.jpg
_DSC7442.jpg
アンコールトムに移動。
_DSC7466.jpg
_DSC7471.jpg
ビルベンスリーは、この基壇壁面の段々モチーフを、後述のクロヤ・レストランの柱に使ったのかな。
_DSC7497.jpg
_DSC7500.jpg
_DSC7542.jpg
バイヨンは石の色がいまひとつか。

時間が余ったので、トンレサップ湖まで足を伸ばしてみました。
_DSC7638.jpg
_DSC7708.jpg

昼はジュースのみだったので、早めの夕食で、近くにあるシンタマニクラブのレストランまで
散歩。このインテリアとスタッフの対応は素晴らしい。
外にはブランコ席と見所があります。 料理も手抜き無く洗練されています。
アルンレアスといい、規模は小さいけれど、ブティックホテルは老舗を圧倒しています。
ANAのサイトに解説が有りました。今回はソカアンコールの宿泊券を貰ったので
選択の余地が無かったですが、次回が有れば、こういう所を選びたいものです。
https://www.ana.co.jp/travelandlife/feature/original/vol34/
_DSC7769.jpg
_DSC7777.jpg
_DSC7784.jpg
_DSC7793.jpg
手ブレしたのではなく、ブランコ座席が揺れているところです。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

今日はアンコールワット [プノンペン]

_DSC6816.jpg
プノンペンからシェムリアップへは何とターボプロップエンジンのプラペラ機(68人乗りATR72)でした。
_DSC6857.jpg
_DSC6867.jpg
初日の今日は、昼過ぎから、日本語の堪能なサンボさんに連れられて、アンコールワットの
東門から一回りしました。
_DSC6877.jpg
_DSC6885.jpg
東側からのアクセスは人もまばらで古寺の雰囲気を、ゆっくり味わえました。
_DSC6896.jpg
ナーガはどれも形が崩れてしまい完全な形は残っていませんが、立体的な造形はナーガファンとしては
ちょっと嬉しい。
_DSC6954.jpg
海をかき混ぜたという話の彫り物は、どう見ても、元祖綱引きか。ここでも蛇が主役。
_DSC6960.jpg
_DSC6970.jpg
第3回廊へはまさに天国への階段が。一般人は、鉄の手摺付き木製階段で疑似天国へ。
森の眺めが素晴らしい所です。
_DSC6997.jpg
近づけば石の積み重ねは迫力満点。
_DSC7006.jpg
倉庫として使われていたという離れには、若者が昼寝。良いなぁ。
_DSC7013.jpg
そこら中にある額縁効果を狙った開口部と重層の縁取りは、実際に造るのは大変そう。
_DSC7023.jpg
_DSC7028.jpg
_DSC7036.jpg
_DSC7044.jpg
多くの人たちとすれ違いながら、西門から帰ってきました。
2時間程度汗だくになりながらも、やはり百聞は一見にしかずで、規模と密度に圧倒されました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

朝夕の景 [みなとみらい]

_DSC6571.jpg
_DSC6582.jpg
_DSC6586.jpg
_DSC6598.jpg
昨日の夕焼けは、豪雨の後だったためか、見事でした。
富士山はまるで噴煙を上げているようでしたが。

_DSC6604.jpg
一転、今朝は早くから太陽がぎらぎらと。

_DSC6509.jpg
_DSC6517.jpg
_DSC6521.jpg
一昨日の帰り道。
夕暮れの空の青さも貴重です。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

大阪港周辺 [関西]

_DSC6321.jpg
先週の金曜日、初めて大阪港の先端まで行ってきました。
市役所が展示場の中にあるのも驚きですが、県庁もタワーの中にありビックリ。
上のレストランから、舞洲の焼却場方面を。煙突は何となく膨らんでいるようにも見えますが、
外壁の角は、直線に見えます。やはり全てを曲線にするのは無理があるのか。
_DSC6323.jpg
天保山方面、USJは余り目立たない。
_DSC6327.jpg
立派な橋があり、観光名所になり得ますが、あまり知られていないような。
_DSC6331.jpg
あべのハルカスも遠望できます。
_DSC6345.jpg
ごっついアンテナが目立ちました。
_DSC6347.jpg
_DSC6363.jpg
港らしい雰囲気が広すぎて拡散している印象です。
_DSC6370.jpg
_DSC6378.jpg
立派なタワーではあります。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域